犬の体をいたわるためにワクチン接種を考えて、どんな種類があるの?

犬がいつまでもそばにいてほしい
そんな飼い主さんが考える犬の健康管理の為に
重要なワクチン接種について調べてみました

具体的なワクチンの種類は?

犬用のワクチンは
狂犬病
ジステンパー
伝染性肝炎
アデノウイルス2型感染症
パルボウイルス感染症
コロナウイルス感染症
パラインフルエンザ
レプトスピラ感染症
などがあります
これらを子犬の時期に特に接種を行うことで
病気の予防につながるのです

ワクチンの摂取にかかる値段とは?

ワクチンの接種には1個5000円から1万円ほどの値段が掛かります

 

ワクチンを接種後に副作用は?

発熱などのリスクもあります
そうならないようにワクチンを接種した日の前後は健康管理に気を付けてください

 

関連記事
ドクターワンデルが最安値?amazonと比べてわかる真実?のトップページに戻ります

TOPへ